治療薬の種類

悩む男性

薬物を服用することで、双極性障害の症状を抑えたり、気分を落ち着かせたりすることができます。うつ病の治療法として使われる、抗うつ薬が使用されることもあるのですが、うつ病とは発症のメカニズムが異なるので、効果はあまり期待できません。双極性障害では、気分安定薬、抗精神病薬が使われることが多いです。

気分安定薬とは、名前の通り気分を安定させるための薬のことです。気分安定薬を服用することで、気分の振幅を抑えることができます。抗うつ薬の場合は、気分を上げる作用があるので、気分安定薬も気分を上げる効果があると思っている人も多いですが、実際は違います。安定させる効果があるので、気分が下がっている場合は上げる作用が働き、気分が上がっている場合は抑える作用が働きます。気分安定薬の種類は、リーマス、デパケン、セレニカ、ラミクタールなどがあります。最も処方されているのは、リウムです。リチウムは、気分安定薬の中で一番古い薬です。リチウムが含まれている水を飲んだ患者が落ち着いたことで、リチウムが薬として使われるようになりました。

双極性障害の症状は、うつ状態と躁状態が交互に表れるものです。気分の振幅の激しさの症状を抑えるために、気分安定薬が使われます。双極性障害の症状を緩和する治療薬として使われるのは、気分安定薬の他に、抗精神病薬があります。抗精神病薬として使われているのは、メジャートランキライザーです。これは、向精神薬の種類の1つで、強い精神安定作用があります。双極性障害の症状を抑えるために、最初は気分安定薬が処方されますが、それでも症状がよくならない場合は、抗精神病薬が処方されます。